指定業者とはのタイトル
 平成15年に地方自治法が改正され、「民間にできる事は民間に」の原則に基づき、サ-ビスの向上や効率化を目的として導入されたのが「指定管理者制度」です。これにより、公共の施設の管理運営が、民間企業や市民団体などでもできるようになりました。
これを受けて、北九州市では、平成17年度から制度の導入がなされました。文化施設の指定管理者の業務範囲については、北九州市芸術文化施設条例の中で次の3項目を挙げています。
  1. (1)芸術文化施設の維持管理に関すること
  2. (2)芸術文化施設の施設等の使用許可に関すること
  3. (3)前2号に掲げるもののほか市長が別に定める業務
共同企業体グループA2Kの歩み
 平成17年に門司、若松、八幡市民会館の指定管理者募集が行われ、これに応募するために民間企業3社《朝日サービス興産㈱(現 朝日建物管理㈱)、㈱ケンビ、㈱旭商会》で「共同企業体グループA2K」を結成したのが始まりです。門司、若松、八幡の3館の指定管理者として、平成18年4月より管理運営に携わり、1期3年の任期を経て、2期目(5年間)、3期目(5年間)の公募でも引き続き指定管理者として選任されました。こうした13年間の実績と経験が評価され、4期目も指定管理者に選任され、令和6年3月末まで運営を任されることになりました。新元号とともに新たな気持ちで市民会館業務に従事してまいる所存です。
 また3期までの13年間の中での大きな出来事では、八幡市民会館が平成28年3月に施設廃止となり3館体制から2館体制となったことです。これに対応して、4期目の受託に当たり、グループA2Kも3社体制から2社体制にして管理運営を行うことになりました。
グループA2Kの概要のタイトル
 朝日建物管理㈱九州支店が代表企業となり、㈱ケンビの2社で共同企業体グループA2Kを構成しています。2社の概要は次の通りです。
  • ◆代表企業 朝日建物管理株式会社九州支店

    住所
    北九州市小倉北区大門2丁目1-8
    支店長
    奥 愼治
    資本金
    1億円
  • ◆構成企業 株式会社ケンビ

    住所
    北九州市戸畑区沖台1丁目3-8
    代表取締役
    木山 宏志
    資本金
    1000万円
 共同企業体グループA2Kは、「地域に根差し、様々な市民が集う市民会館」を基本理念として、次の8つの基本方針を掲げて市民会館の運営を行ってまいります。
  1. ①地域文化の拠点施設として、地域の芸術文化の向上と発展に貢献します
  2. ②地域との交流、参画を通して、地域の活性化に貢献します。
  3. ③市民目線での会館運営、公平で人に優しい運営をします
  4. ④会館運営力を高め、効率運営の推進と清潔で安心安全な会館を目指します
  5. ⑤利便性やサービスの巾を広げ、CSの向上に努めて利用を促進します
  6. ⑥様々なツールを活用し、文化情報の発信と受信を積極的に推進します
  7. ⑦法令遵守と個人情報の保護に努めます
  8. ⑧行政の助言と協力のもとで、市民会館の可能性と役割の拡大を目指します